16年ぶりに結成時のメンバーで制作され、2015年2月に発表されたアルバム『ザ・マジック・ウィップ』(全英初登場1位)の制作過程から、2015年7月に8万人を集めて行われたロンドンのハイドパークでの野外コンサートまでの活動を、ライヴ映像をふんだんに盛り込みながら迫ったドキュメンタリー映画『ブラー:ニュー・ワールド・タワーズ』。1990年の結成時から日本で高い人気を呼び、1996年には日本武道館公演の模様を収めた『ライヴ・アット・ザ・武道館』が日本のみで発売されるなど、日本のファンに対して特別な思いを持っていることでも知られるblur。2014年に行われた3回目となる日本武道館公演も即日ソールドアウト。最新作『ザ・マジック・ウィップ』を携えての来日公演がまだ行われていないため、この映画での最新ライヴ・シーンはファンにとってたまらないものと言えるだろう。なお、ヴォーカルのデーモン・アルバーンは英国の音楽産業への長年の貢献を称えられて、今年初めにOBE(大英帝国勲章オフィサー)を受勲した。